バーのある暮らし

カクテルやお酒が好きでバーによく行くと言う人もいるのではにでしょうか。
そのようなバーではジャズやピアノの生演奏があったりするようなオシャレなところもあり、落ち着いた中にも大人の空間を満喫できます。
そんなバーがシェアハウスにもあれば、朝も夜も落ち着いた大人の時間を過ごせるかもしれません。

朝は入れたての珈琲の飲んで、新聞を読みながら朝食を食べ、朝はカフェのような感じで使い、夜になればカクテルなどを片手に語らいながら過ごす、そんな空間が出来るかもしれません。
バーのあるシェアハウスなら、コーヒーメーカーやサイフォンを設置したり、ウイスキーやワインの瓶を並べたり、カクテルグラスを並べたりと、そうするとよりいっそうバーの雰囲気を楽しめます。
好きなときに珈琲やウイスキーを飲むことも出来、それらはインテリアとしても楽しめます。

バーのあるシェアハウス

コンセプトシェアハウスはいくつか種類があり、そのなかでバーのあるシェアハウスを紹介します。

まずは下北沢にあるBacchus下北沢は、リビングに家庭的なバーが設置されており、昼はカフェとして、夜はバーとして楽しめます。
お酒好きな人はもちろんのこと、パーティー好きな人も集まっており、わいわいと楽しく過ごしているようです。

バーは入居者ばかりでなく、友達などを呼んで一緒にお酒などを楽しむことも出来、また1時間1,000円で貸し切りも可能だそうです。
バーにはカウンター席の他にテーブル席もあり、本格的な作りの空間となっています。
傍らには真空管を使ったオーディオ設備もあり、オシャレで落ち着いた音楽を流したりして雰囲気を楽しみながらお酒を飲むことも出来ます。

次は宮崎台駅近くにあるシェアレジデンス宮崎台です。
リビングにはイギリスのデザイナーが監修したアイリッシュバーが設置されており、バーテンダーがいると毎日カクテルやお酒が飲めます。
シェアハウスとしては51名が暮らせる大型のタイプとなっており、カクテル作りを練習してみても良いかもしれません。

こちらの物件はバーが設置されているばかりでなく、ドラムの叩ける音響ルームや運動の出来るフィットネスルーム、和室のゲストルームなどもあり、バー以外にも様々な設備があるのでとても快適に暮らせるようになっています。

いかがだったでしょうか。
このようにバー付きのシェアハウスは少しずつ何件か登場してきており、それぞれが個性豊かに工夫を凝らした作りのバーとなっています。
お酒が好きでのんびりとした空間で飲みたい、バーの雰囲気が好きでいつでも楽しみたいというような方は、このようなシェアハウスを探してみてはいかがでしょうか。

« Previous Entries