シングルマザー向けシェアハウス

子育てする母子向けシェアハウス

シングルマザーとして子育てをしているような母親は、仕事をしながら子育てをしてくことは大変です。
日中は仕事をしないといけませんし、家に帰れば子育てがあります。
色々と大変なことも多いですが、そんなシングルマザー向けのシェアハウスがペアレンティングホーム高津であり、建築家などの家の専門家の他に保育園経営者も携わり作られた物件です。

この物件に入居するには条件があり、入居3ヶ月以内に就職することが条件であり、キャリアアップを応援するという目的で作られたシェアハウスです。
シェアハウスには1歳から11歳までの子供とその母親が住んでおり、まるで大家族のような感じで暮らしています。

入居のメリット

このようなシェアハウスに入居するメリットとしては、話し相手がいるのが良いと言う人が多いそうです。
それは子供同士ではなく母親同士の話し相手であり、一人暮らしだと家に帰ると話し相手は子供しかいませんが、シェアハウスなら他の母親がいますので、話し相手となりホッとするようです。
母親同士ということもあり、同じ境遇など理解できる部分も多いのでしょう。

子供にも良い影響があり、小さい頃から社会集団で生活することによって、他人の気持ちなどもわかるようになってきます。
例えば、他の子供達が喧嘩していると仲裁に入ったりと、共同生活の中で社会性を身につけていくようです。

シェアハウスには夕食を作ってくれる方を週2回、夕方4時からはチャイルドケアも付帯し、その費用は全世帯で負担するので、安い料金で利用できるようになっています。
集団生活をしているので、母親も安心して仕事に行くことが出来、仕事中は子供は他の子供と遊んでいますので、子供の面倒を見る心配をしなくて済みます。
さらには母親が仕事から帰ったり休みの日などでシェアハウスにいるような時でも、子供達は子供同士で遊んでいるので、自分の時間が出来るというメリットもあります。

ただし他の入居者の方との生活サイクルが大きく違い、生活リズムが合わないために馴染めなくシェアハウスから退去したという方もおり、住んで生活するとなるとお互いに助け合う場面は出てくるので、生活時間が違いすぎると大変かもしれません。
しかし、多くの入居者の方はデメリットよりもメリットや良かったということが多いようであり、共同生活を楽しんでいます。

シングルマザー向けのシェアハウスを作り、この物件の不動産社長は確かな手応えを感じており、子育てを支援する環境が必要とされていると感じているようです。
そのためにシングルマザー向けばかりではなく、今後はシングルファザー向けシェアハウスを作ることも考えています。