騒音が気になる

生活音は深刻なストレスになる

ルームメイトの全員が必ずしも同じ生活リズムというわけではなく、それぞれにリズムが違っているものですので、時には騒音が気になってしまうこともあります。
仕事や学校でとても疲れていてゆっくり眠りたいと思っていても、寝るの遅い時間に帰宅してバタバタとシャワーを浴びていたり、キッチンを使っていたりすると、こうした騒音によって眠ることができなくなってしまうと言うケースもあります。

だからといってうるさいと文句を言ってしまえばたちまち喧嘩に発展してしまうことなどもあるので、ある程度騒音が気になっていても我慢して生活しなければならないといった部分はルームシェアをする人にとって宿命的な部分といえるでしょう。
自分では何気なく生活をしているつもりであっても特にシャワーを夜遅くに使用することというのは生活音として、他人には不愉快な思いをさせてしまうことがあります。

もちろん自分自身が不愉快な思いをすることもありますが、こうした部分でストレスを感じないようにするためには防音の設備がしっかりしている物件を選んだりすることも大切になります。
あまりにも騒音が気になるようであればうるさいから静かにして欲しいとストレートに伝えてしまうのではなく、大きな音がするけど大丈夫?などと声をかけて遠まわしに伝えるようにした方がトラブルを避けられるでしょう。

夜はスリッパの使用を減らす

ルーム内で自分の部屋からキッチンに移動したりその他にもシャワールームに移動したりする際にスリッパを使うことがほとんどですが、夜遅い時間にスリッパを使うと、これだけでも生活音としてストレスになります。
そのため夜遅い時間にはスリッパを使わないようにすることや、例えスリッパを使う場合にも音が気にならないタイプの履物を準備して置くことなど、ルーム内で少しでも騒音を気にせず生活ができるように全員で意見を出し合ってみると良いです。

また玄関扉を静かに閉めることや自分の部屋、その他各種ドアを静かに閉めること、夜の何時以降はテレビのボリュームを下げることなどと言うように、細かな部分を決めておくことで騒音に悩まされてしまうようなことも少なくなります。
生活をしていく上で騒音は本当に大きな存在となってしまい帰宅するのが嫌になってしまうこともあるほど不愉快な存在ですから、お互いに気をつけながら生活をするように心がけなくてはなりません。

間違ってもルームメイトの騒音が大きく迷惑だからと言って同じように騒音を出してやり返すなどということはしないようにしましょう。
このような考えを持ってしまうと最終的には大きな喧嘩に発展しルームシェアでの生活が難しくなってしまうこともあります。
お互いに思いやりを持ちながらそれぞれのルームメイトの生活をしっかり重視しながら、マナーを守り暮らしていくのがルームシェアの基本となります。
新しい家具などを購入してお部屋に運び込む時にも日中の時間を使うようにして、夜遅い時間帯には、こうした作業も避けるようにしましょう。