協調性が身につく

いくら親しい友人でも…

いくら親しい友人と一緒の生活でも、やっぱりある程度相手に配慮をした生活」って大事なんじゃないかなと思う今日このごろ。少なくとも、私は「友達相手でも、配慮をしなければならないところは配慮する」という心掛けで生活をしています。じゃないと、相手に我慢をさせてしまうことになるしね。

なんていうかなー、やっぱり「お互いが気持ちよく住む」という点で、シェアハウスで気を使い合うって大事だと思うんですよね。こういう話をすると「気を使うって、それって友達なの?」と言われそうだけど。そう言われても、私はやっぱり最低限の礼儀みたいなものは持っておきたいと思う。

そうやって生活をしているうちに、なんとなくですが「協調性」と呼べるものが育ってきている様な気がします。
1人だと、良くも悪くも全部自由じゃないですか。
どんな生活をするのも自由。だからお金がなくてもつい食費にお金をかけすぎてしまったり、昼間まで寝てしまったり、光熱費も使い放題だったりで、貯金がぜんぜんできなかっただろうな・・・と私は思います。

でも、友人と一緒に生活をすると、「なんでも自分の思い通りに」ってわけにはいかないじゃないですか。
シャワーだって、きちんと考えて使わないと水道代やガス代(うちはお風呂がガスなんです)が高くなってしまうから、折半した時に相手に高く払わせることになってしまいますよね。そうするとやっぱり「悪いな」と思うので、「だったら節約しよう、相手に迷惑かけない様にしよう」って、気を付けて使う様になるんです。

食費も浮かせる

あと、食費のことは大きい。
1人だと「面倒だからコンビニで」ってなるけど、二人で生活していると相手の分の食事も考えなくちゃいけなくなるから、「自炊して二人分作ろう」っていう発想になるんですよね。その結果食費が安くなったりして。実際、食費は考えていた料金よりずっと安くすんでいると思っています。そういうことを考えると、二人暮らしで相手に配慮をした生活をすると、色々なメリットが出てくるし、人に自然に気を使うことができる様になります。

常に相手のことを考えて生活ができる様になると、それって仕事にも活かされるなーと思うんですよね。だって、仕事をする時も相手のことを気遣うことができるようになるから。一人暮らしとルームシェアの違いって、私はここだと思っています。これからも、二人暮らしでどんどんいろんなことを学んでいきたいな。