ルームシェアに向いている物件

近年ルームシェア物件がとても人気があってとても高い需要があります。
一言でルームシェアと言ってもその利用方法や利用形態は様々です。
親しい友人同士だけなど割と少人数で住むルームシェア、一軒家をシェアして10人前後など大人数で生活するタイプ、
さらにはゲストハウスのようにさらに大人数でシェアする物件など様々です。

さらに最近増えているのが外国人と一緒に住んで異文化交流できるような、ゲストハウスのようなシェアハウスもあります。
親しい仲間同士でルームシェアするにしても他人同士でシェアするにしても、根本は個人同士でシェアするのがルームシェアですので、
物件によってルームシェアしやすいものと向いていない物があります。
なので入居の前にはシェアする人数や仲間の関係性などを考えて、しっかりと物件探しをしておく必要があるのです。

やはりどなたでもプライバシーは欲しいですしあるべきですので、きちんと個人が尊重できる空間がある物件が大事です。
そこで各自が個室を持てるように部屋数が多いことはもちろんのこと、衣類などを保管できる収納が備わっていることや、
部屋がきちんと振り分けになっていることも重要なポイントになります。

少人数の仲間同士でルームシェアをする際など、2LDKの物件を例にしてみて見てみるとよく分かります。
この物件には当然2部屋ありますが、物件によっては2部屋がつながっていて、
手前の部屋を通過しないと奥の部屋に行けないような間取りの場合は、
特に手前の部屋に住む方は毎回通過する度に気になってしまうので、
どんなに親しい友人同士であっても徐々にストレスがたまるでしょう。
プライバシーを考えるとこうした間取りの物件はルームシェアには向いていません。

なので単に部屋数が人数分あるだけではなくて、部屋がきちんと独立していて振り分け式になっていることが重要なポイントです。

これは大人数でのルームシェアでも同様です。
しっかりとプライバシーが保たれるので落ち着いて暮らすことが出来ます。
プライベート空間だけではなくて共有部分の間取りも重要です。

ワンルームマンションなどによく見られるユニットバスタイプのものは、複数人のシェア生活には向いていません。
バスとトイレはきちんと独立していないと、誰かが一度シャワーなどを浴びるとトイレにもいけないので、
きっと不便さを感じることになるでしょう。
キッチンに備わっているコンロの口数も多い方が、より多くの方が一度に料理をすることが出来るので、
とくに自炊生活をする際には重要なポイントとなります。