食べ物に関する取り決め

以前、ルームシェアの経験者の人からいくつか話を聞いているときにちょっと意外なものがありました。
それは食べ物の話でした。
その知り合いは友人4人でルームシェアをしていたそうです。
冷蔵庫は大型のが一台。
この冷蔵庫を4人で利用していたといっていました。
この時に食べ物に関する決まりとして冷蔵庫に入れるときには名前を書いてから入れるという決まりがあったそうです。
というのも以前、ルームメイトの一人がプリンを買って入れておいたところ、誰かに食べられてしまったということがあり、そのルームメイトは当然、怒っていたそうです。
結局誰が食べたかも判らないという嫌な状況が続いてそれ以降、冷蔵庫に入れるときは名前を書くというルールが決まったそうです。
これで解決かと思ったのですが、どうやら続きがあったそうです。
その半年後、また同じ子がプリンを買って名前を書いて冷蔵庫に入れてたのですが、たまたま他のルームメイトがそのプリンを持ってたのを見かけたそうです。
暫く食べてないからもったいないと思って。
といいつつ食べようとしていたそうなので即刻、取り返し、聞いてみると前回も同じ子が食べていたということが判ったそうです。
スィーツに関しては特にそうだとは思うのですが、食べ物の恨みというのは恐ろしいものです。
しかも、他に話を聞いてみると他のルームメイトもデザート関連の被害にあっていたそうでそのルームメイトは結局、出てもらって違う友人がその後、入ってきて生活をしたそうです。
こういった話を聞いていると、確かに冷蔵庫に入れるときは名前を書いておくべきというルールがあるほうが確実だと思ったのですが、それにもかかわらず、人が楽しみに買ってきたものを勝手に食べるという癖が定着してしまうというのもどうかなと思いました。
そういった決まりごとに関してルーズになってしまう人だと、大変なのだろうなとも思いました。
友人にこのことを話してみたところ、名前は書くようにして管理してもよいと思うと承諾をしてくれたので名前を書く事になりました。
友人は人のものを勝手に拝借する癖がない子で借りるときもしっかり確認してから借りる子なので恐らく大丈夫なのではないかなと思っています。
友人はどちらかといえば、他のバイト先の時に遭遇して許せないことがあったらしいのですが、ペットボトルとか入れておいて飲みかけで残っている状態のままで何日も放置さえるのだけは勘弁して欲しいと言っていました。
そういった要望は大歓迎だと思います。
放置は衛生上、よくありません。
なので、追加の決まりで買った日か開封した日をしっかりと名前と一緒に記入するようにという工夫をしてみました。
そうすれば日にちによって処分も出来ますし、しっかりと冷蔵庫の中のものを管理することが出来るといった決まりごとになると思います。
ルームシェアをする際の決まりごとで冷蔵庫の中身のことや食べ物に関する決まりごとはしっかりと決めておきましょう。