テレビのチャンネル争い

自分のわがままを通さない

自分の部屋にテレビを置いてルームシェアをしているのであれば、テレビのことでルームメイトとトラブルになってしまうこともありませんが、部屋にテレビがなく、共有スペースのテレビを皆で共有することになるとお互いが見たい番組などでいい争いになってしまうこともあります。
見たい番組がそれぞれに違っていてチャンネル争いになってしまった時にはCMごとにチャンネルを変えたりするように工夫した方が良いです。

番組が始まる前にジャンケンをしてどちらが先に見るのかを決めたら、次のCMまでは1人が見たい番組を見てCMからその次のCMまではもう一人が見たい番組を見るというように交代制で番組を見れば、途中途中が飛んでしまうものの、ある程度は番組を見ることができます。
じゃんけんなどで決めてしまい、完全に一つの番組を誰か1人が見れることになると他のルームメイトはテレビを見ても楽しいと感じることがなく、それぞれが部屋に戻ってしまうことや、テレビを見ている人以外は様々な話で盛り上がってしまうなどとルーム内に嫌な空気が流れることもあるので、平等にテレビが見れるようにした方が良いでしょう。

近年ではスマートフォンやタブレットなどでもテレビを見ることができるので、自分でこうしたサービスに加入して見たいときにいつでもテレビが見れるようにしておくのも良い方法です。
その他テレビドラマを放送してくれるような動画チャンネルなどに加入しておくのもトラブルを防ぐためには必要なのかもしれません。

録画機器を買う

ルームメイトが増えてきたりするとチャンネル争いもその都度大変になるので、録画機能の付いた機器を皆でお金を出し合って購入するというのも良い方法です。
録画と再生機能が付いた機器はさほど高いものではないのでお互いにお給料日にお金を出し合っていつでも録画できるようにしておけば、好きな時に録画をして自分の自由な時間に合わせて見ることができます。

また同じドラマなどを見たいと思っているルームメイトが録画した番組を見ることができるので、こうした部分でも不便さを感じにくくなり話題のドラマについていくことができます。
ルームメイトが後から増えてしまった場合でも機器を購入した際の金額を覚えていれば改めて増えた人数分で割った金額で精算することで最初に購入した人たちが大きな負担をすることもなくなります。

さらに自由なタイミングで見れるようにDVD-R等をそれぞれが購入しておけば、録画機器からDVD-Rにドラマを移して自分のパソコンなどで見ることもできるでしょう。
上手に決まりごとを作っておかないとチャンネル争いが大きな喧嘩になってしまうこともありますが、ちょっとしたアイディアを考えるだけで喧嘩をせず、さらにはルームメイトの1人ひとりがベストな状態でテレビを使うことができるのではないでしょうか。